▲△私の人生手帖△▲

アウトドア(キャンプ、山歩き)やリゾートバイトについて書いてます!

【2日目】神秘的な世界。ついに、1泊2日の屋久島、縄文杉トレッキングへ。ガイドさん情報も!

はいさーい、にき(@Ni_Kinamo)です。

本日2日目です。神聖な空気の流れる島、屋久島。トレッキング行ってきます。 

ツアーガイドさんの情報も載せていますので気になった方はそちらもぜひご覧ください。

f:id:nikkielog:20191021102546j:image

 

 1日目の行き方の載っている日記です。

これから行こうと思っている方の参考になると思います。

www.niki-yamablog.com

 

 

 

屋久島2日目(縄文杉ツアー1日目)

 

 

目次

 

 

ガイドさんの迎えで白谷雲水峡へ

朝4時20分ごろに起床。

なんと、民宿とまり木さん、朝ごはんもついてました。

セルフでトーストを作り、好きなものをつけて食べれるんです!

お腹が心配で←おい

時間もなく←おい

食べれませんでしたが、前日にお願いしていたおにぎりを🍙とり、

(とても素敵なメッセージ入りでした!)

前日に、ある程度は準備を済ませていたので、着替えや化粧を少ししたりして

5時に外へ出ると、ガイドさんがお迎えに来てくれました。

Nice to meet youという感じ(ガイドさんは日本人です。。)で挨拶をして白谷雲水峡の入り口へ!楽しみ〜

 

 

今回は、白谷雲水峡〜縄文杉〜高塚小屋で一泊〜白谷雲水峡(ピストン)というコースで行きます。

日帰りだと荒川登山口〜縄文杉〜荒川登山口(ピストン)の方が多いそうです。

それが1番縄文杉ルートでは楽なコース(とは言いつつキツイと思いますが)。

真っ暗ななか駐車場へ到着!

ストレッチをしてヘッドランプをつけ

ていざ出発!おっ、その前にトイレを済ませておきます。

 

前から欲しくてようやく手に入れられた山と道のザックで行きます!それも相まってとてもワクワク。

f:id:nikkielog:20200428170532j:image


余談なのですが、白谷雲水峡は石をつたって川を渡ってる道があり、私が縄文杉へ向かう日の前日の悪天候で増水してしまいその道が通行止めになっていました。

土が少ないため雨が降った分すぐに川が増水してしまいこういうことがよくあるそうです。なのでその道から行けないかもしれないと前日に電話でガイドさんから聞いていたのです。

天気予報では今日は雨になっており心配でした。

 

私のツアーガイドさん情報

今回、大変お世話になったガイドさんです。

人見知りな私でもとても話しやすくて頼りになるガイドさんでした。

ガイドさんのサイトです。ホームページも見やすくて素敵ですよ!

yakushima-sanpo.com

 

ツアーでガイドをしてくれる方をネットで探していた時、私が1番見やすくて惹かれたのでお願いしました!!

 

 

 ちょ、ちょちょっと屋久島豆知識

 

屋久島は岩で出来た島で海に沈んでいて想像できないほど巨大な岩が少しずつ海から押し上げられていてその先端が屋久島らしいです。

今も毎年0,6ミリほど押し上げられているそう。すごい‥

 


屋久島は杉にとって絶好の条件に合う島で、こんなに大きく長く育つ杉は屋久島だからこそ。先程記した通り土があまりないので、岩についた苔の上に木が生えていて、苔の水分で育つ。苔は屋久島にとってなくてはならない存在です。

約700種類、世界中にある苔の約半分の種類が見られる島!

 


ガイドさんと一緒だと色々と詳しく歴史や島の特性などの話を聞くことができ、より屋久島のトレッキングが楽しくなりますよ!!

 


樹齢999年以下の杉を小杉

1000年以上が屋久杉というそう。

縄文杉が1番大きくて樹齢が高い!

ラスボスですね!ボスって言い方はおかしいか。。最年長の長ですね。

森を歩いていると日本というより“屋久島”という独自の雰囲気を感じます。

生命力に溢れてる。神秘的だけど時々その奥底から恐怖が垣間見える気がします。

 


むかーしむかし、江戸時代。(急に昔話風)屋久島は岩の島ですので米が育たず、そこで木材、杉の板の枚数で奉納していたそうな。

なので歩いていると無数の杉の伐採の後(切り株)があります。

昔の人が石を置いて道を作っていたり、杉を運んでいたと思うとその時代の人たちすごすぎる。みんなムキムキだよ。食べ物も少なかったはずなのに。

 

 白谷雲水峡と言えば!苔むす森

 

まずは苔むす森。もののけ姫のモデルになっている森です。

綺麗‥

f:id:nikkielog:20191021102858j:image

 

ふかふかしてそう。皆さんご存知だとは思いますが、宮崎駿さんが来島した時にとてもこの森を気に入ってもののけ姫のモデルにしたそうです。

さすが、巨匠は目の付け所が違う。

前はもののけ姫の森という名前だったらしく、あからさますぎる‥と思ったのかいつのまに苔むす森になったらしいです。笑

 

ココも忘れてはいけません!太鼓岩! 

そして太鼓岩へ。

太鼓岩への道はオプションルートになっているので1度ザックを置いて貴重品のみ持って登りました!

急な登りの道を10分ほど進むと‥

 


ででーーん!

 

f:id:nikkielog:20191021102940j:image


あれ?

真っ白でなにも見えない‥

天気も悪いので仕方ない。

と諦めていたら‥

 

 

少し見えてきた!!

 

f:id:nikkielog:20191021103012j:image

このチラ見せだけでテンション上がる↑笑

30分ほどゆったりして下りました。

 

歩きたかったトロッコ道

 

白谷雲水峡の山道を抜けたら、
トロッコ道へ!

f:id:nikkielog:20191021103109j:image

ここ歩きたかったんだよな。

トロッコが実際に動いてました!

トロッコと言えばドンキーコングのトロッコを想像していたのですが、

思った以上に現代的でビックリ!

f:id:nikkielog:20191021104145j:image


f:id:nikkielog:20191021104148j:image

おお〜!のせてくれ!

そんな気持ちも知らず、この後3回ほど目の前を悠々と通り過ぎて行きました‥

 

 

昼食をとります。

昨日、とまり木の姉さんに作ってもらったおにぎりを川原でたべました。

でも雨が降ってて残念な感じに笑

でも、おにぎり🍙美味しかった!

こういううまくいかない感じが旅感を出してくれて好きです。

ガイドさんがおみそ汁をくれました。

 


トロッコ道が終わり、トイレへ行きます。

縄文杉までの道のりには、5か所トイレがありました。

(白谷雲水峡~高塚小屋のトイレの数です。)

高塚小屋のトイレ以外にはトイレットペーパーもあり、きれいに整備されていました。

感謝感激です。

 

ここからまた山道に入ります。

 


縄文杉に向かう途中に大王杉や仁王杉、夫婦杉といった色々な名前のついた大きな杉に出会います。

どの杉も個性的ですよ!

 

ハートに見えるウィルソン株!


ウィルソン株!

あのハートの写真で有名な大株です!

昔、ウィルソンさんという植物学者がこの株を発見したので名前を取って命名されたそうです。(元々は大株と呼ばれてた)

ウィルソンさんが屋久島の知名度を上げるのに貢献してくれたそう!

 


中に入ると、結構広いです!

杉どうなってるんだ広すぎる。

素敵空間でした。

バッチリ、ハートに見えるポイントを教えていただき写真撮影。

f:id:nikkielog:20191021104256j:image

 

午後をすぎてたので人もいなく

ほぼ貸切状態でした!

 


そのあと、3度キツい階段を登り、少し進むと‥

 

 神々しい登場の縄文杉

 

縄文杉の展望台が!

 

f:id:nikkielog:20191021104358j:image

 

み、見えない。なんと霧に隠れててちゃんと縄文杉が見えない!!!ええええ

ガイドさんによると最近はずっと午前は大丈夫だけど午後から霧がかかり見えないということが続いているよう。

ショック!!でも、霧にかかってラスボス感が増してる‥

これはこれで神々しいな。

とか思ったり。いや、すごくみたいけど。

縄文杉に着いたのは夕方5時前ごろです。

 

何千年もこうして成長し続けてこられたのは屋久島という島のたくさんの奇跡の重なりのおかげだと思うと本当にすごいですよね。

ひとつでもかけていたらここまで成長できなかったかもしれない。

規模が大きくなりますが、地球も同じように奇跡の重なりで生まれたわけで、ここは地球を凝縮したような場所なんじゃないかと思いました。

縄文杉の生命力は大きな力、たくさんの人たちを魅了する力を感じました。

 

 高塚小屋に到着!


少し進んだところにある本日の宿、高塚小屋(無人山小屋)へ。

 


本日は私たちを含めて3組(合計6人)泊まってました。

高塚小屋は3階建(すごっ)なので空いている3階を今日の寝床とする

ことに。テントを張れるところも近くにあります。

ぎゅうぎゅうで17人までOKです!

 


小屋へ着いたあとは小雨が降り続いてました。

次の日の帰り道が心配でした。

あまり降らないでほしいな〜。

 


ガイドさんが夕飯を作ってくださり、

黒豚の生姜焼き丼!

f:id:nikkielog:20191021104444j:image

 

お腹が心配で少し減らしてもらいました。(すいません‥)

すごく美味しかったです!食事もついていて至れり尽くせりです。

 


夜の8時以降は静寂タイムなので

トイレへ行き就寝します。

食べ物を広げておくとネズミがきてしまうそうで、食べ物などはヒモにぶら下げておきます。←ほんと、注意です!

 


明日の天気が良くなりますようにと願いながら横になります。

 


夜中何度か起きましたが眠ることができました。

 


最後までご覧頂きありがとうございました!

さあ、ここまで読んでいただいたのでぜひ最後まで!↓

私たちはゴールの白谷雲水峡の入口へとたどり着けたのでしょうか?

 


www.niki-yamablog.com


 

 

\\ブログランキングに参加しています//
ポチっとクリックしていただけると励みになります!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村